本文へスキップ

3つのひかり未来をつくる

Micronano-mechatronics and its Biomedical applications

最近の活動報告Research Activity


国際会議 Eurosensors2017での研究発表


フランス・パリで開催された国際会議Eurosensors2017(9月3日〜6日)に、本研究室教員の長谷川と修士1年の藤範知弘君,光成勇樹君,修士2年の鍋倉悠希君、渡辺瞬君が参加し計4件の研究発表を行いました。


(1) Fabrication of Sharp Tip-Separable Microneedle Device for Trans-Dermal Drug Delivery Systems (Y. Nabekura, H. Fukuyu, Y. Hasegawa, M. Shikida)
(2) Micromachined Tube Type Thermal Flow Sensor for Adult-Sized Tracheal Intubation Tube (S. Watanabe, Y. Hasegawa, M. Matsushima, T. Kawabe, M. Shikida)
(3) Development of Catheter Flow Sensor for Breathing Measurements at Different Levels of Tracheobronchial Airway (T. Fujinori, Y. Hasegawa, M. Matsushima, T. Kawabe, M. Shikida)
(4) Development of Small-Footprint Thermal Sensor Detecting Airflow at Mouth in Baby (Y. Mitsunari, Y. Hasegawa, M. Matsushima, T. Kawabe, M. Shikida)

国際会議 Transducers2017での研究発表


○○○○○○○○イメージ

台湾・高雄で開催された国際会議Transducers2017(The 19th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems、6月18日〜22日)に、本研究室教員の長谷川と修士2年の沖原千明君が参加し発表を行いました。
本会議は、MEMS技術を扱う世界最大規模の国際会議で、応募総数1,054件の中から厳選された553件の論文が発表されました。本研究室からは、下記1件の論文発表を行いました。

(1) Integration of flow sensor and optical fiberscope for in-situ breathing and surface image evaluations in small airway(C. Okihara, Y. Hasegawa, M. Matsushima, T. Kawabe, M. Shikida)


バナースペース

医用ロボット研究室

広島市立大学
情報科学研究科創造科学専攻
情報科学部医用情報科学科

〒731-3194
広島市安佐南区大塚東3丁目4−1